スズキ ワゴンRスマイル

2021/09/07

スズキ・ワゴンRスマイルが発表されました。正式な発売日は9月10日です。

ハイトワゴンでパワースライドドアを装備しており、ダイハツ・ムーヴキャンバスを対抗馬としたであろう事はデザインからも伺えます。

 

全長・全幅・全高は3395×1475×1695mmで、実はワゴンRと全長全幅は同じです。
全高だけ高くなっており、この+65mm程度、室内が広くなっているだろうと考えられます。

 

スーパーハイトワゴンのスペーシアの全高は1785mmなので、10cmの差があります。
競合のムーヴキャンバスの全高は1655mmで、ほぼ差は無いようです。

 

スーパーハイトワゴンのスペーシアはその分室内空間が広いのですが、全高が高い分、ガレージの高さを取りますし、高速道路では横風に煽られやすい弱点もあります。取り回しの良さではワゴンRスマイルの方が勝るでしょう。燃費もスマイルは25.1km/Lと、スペーシアの22.2km/Lを若干上回っています。

 

ワゴンRといえばどちらかといえば地味な顔で地味な車な印象ですが、スマイルはかなりキャッチーなマスクにしたと思います。これでスライドドア装備です。
このスライドドアはスペーシアと共通らしいですね。
ムーヴキャンバスが女性向け全振りに対して、スマイルはまあ女性向けではありますが男性が乗ってもおかしくはない感じに仕上がっている感はあるかも。

 

価格はムーヴキャンバスと比べると断然安く、下で129万円からです。(キャンバスは158万円から)
最上位グレードとなるとどっこいどっこいですが…(159万と162万)